ASIMOV'S FIRST LAW  アシモフ最初の原則 (2008)
“ロボットは人間に危害を加えてはならない”
—アイザック・アシモフによるロボット工学原則第一条
人工知能に関してはメディアで広く取り上げられている話題ですが、果たして私たちはそれらのテクノロジーからどれだけ離れたところにいるのでしょうか。
ロボット工学の発展に向かう上で、これらの恐怖は必要なのでしょうか、それとも純粋に不合理なものなのでしょうか。それは、現存する架空のキャラクターが私たちを脅かしているということなのでしょうか。すでに既存の製品がこの原則を犯しているのでしょうか。体重計は、物理的に私たちを傷つけるものではありませんが、巧妙に心理学的なダメージを与えるものです。人々がより感情的虚弱になる私たちの住む複雑な社会に、これらのようなものは存在すべきなのでしょうか。

White Lies  ホワイト・ライ(罪のない嘘)
この体重計は、自分に嘘をつくものです。後方に立てば立つほど、体重は軽くなります。ユーザーは徐々に現実に近づくことが出来ます。
Half-Truth  ハーフ・トゥルース(半分の真実)
体重計は、あなたに危害を及ぼします。なぜなら、いつ、あなたに真実を叩き付けてよいのかその瞬間を判断する知能を持たないからです。この体重計は、いつあなたに真実を告げるのか、嘘をつくのかを決めるための責任あるパートナーを設定します。ほんの少しの人知を加えて、これらのシンプルな機器へと戻します。
Open Secrets  オープン・シークレッツ(公然の秘密)
この体重計は、あなたの体重が何キロあるのかを希望する携帯電話にメッセージを送り、毎回あなたの体重を明らかにします。受信者は、すぐに、あるいは次に二人があった時にその返事を明かす責任があります。