NANOWEAPONS  ナノウェポンズ (2007)
ナノテクノロジーとは、小さいながらにとても強力なテクノロジーです。科学者は、これが世界を変革する技術であると確信しています。近いうちに、私たちは皮のない栄養価の高いバナナをむしゃむしゃ食べながら何千時間もバッテリーの残るコンピューターを通して交信し、病気のない環境に住むことになるでしょう。
 
しかし、他のすべての技術のように、ナノテクノロジーには、悪い一面があります。ナノ粒子が特定の国内細胞兵器へと変貌したといういくつかの中毒ケースが起きています。ナノウェポンは、既存の兵器に比べるとそれほど致命的ではありませんが、犠牲者は髪を失うところから始まり、皮膚をつけ抜けるほど血管が凝固するまで変化する兆候を、ゆっくりと様々な段階を経て苦しみます。
 
政府は、国の今後のナノテクノロジー開発を守るために、それらのケースを隠そうとしました。しかしながら、研究は、同様の攻撃が制御しきれないほど困惑させていることを示しています。ナノウェポンを生産するのに特別な機器を必要としなくなって以来、専門家は、情報が不法にオンラインでオープンに利用可能になり、結果として将来攻撃を受けることになるのではないかと心配しています。健康に関する専門家は、ナノテクノロジーに関わる将来の犯罪や大規模な攻撃の妨害を調査する科学者と緊密に活動しています。